夏場に帽子をかぶりたい!素材など選び方のポイントは?

帽子の選び方のポイントとは?

出典:http://voi.0101.co.jp/voi/webcatalog/img/to414/265/to414-26562-01c.jpg

日本の夏は近年厳しい暑さになることも多いです。特に日中は自分の体温を超えるような気温を記録することもあります。ですから夏場は熱中症で救急搬送するケースも少なくありません。夏場の日中外出する際には、熱中症対策をする必要があるでしょう。その中でも有効な方法として、帽子をかぶることが挙げられます。

しかしこのように言われると、首をかしげる人も出てくるかもしれません。なぜなら、帽子をかぶることによって中に熱がこもって逆に暑くなってしまうのではないかと考えられるからです。そのほかにも内部の蒸れが気になるという人もいるでしょう。頭部が蒸れると頭皮のコンディションが悪化して、抜け毛が増えるのではないかと懸念する人もいます。

特に薄毛の気になる男性・女性にとっては切実な問題になるかもしれません。しかし熱中症を防止したければ、おすすめの方法といえます。そもそも熱中症はなぜ発症するかというと、体温が上昇して汗をかくなどして体温を調整できない状況に陥るからです。体温の上昇を招く要因として、直射日光を浴びることは大きな要因となります。

何もかぶっていない状態と帽子をかぶる場合と比較すると、後者のほうが直射日光を防げます。このため体温の異常な上昇が起こりにくく、よって熱中症も発生しにくくなります。

そのほかには紫外線対策にも有効といわれています。夏場は大量に日光が降り注ぎ、地上の紫外線量もおのずと増えます。頭皮も紫外線を浴びるとダメージを受けます。

シミなどを起こしやすくなりますし、頭皮が炎症などを起こすことで脱毛症を発症するきっかけにもなりかねません。ほかの皮膚は日焼け止めクリームを塗ることで対策できますが、髪の毛の生えている頭皮にはなかなかクリームを塗るわけにもいかないでしょう。

その意味では夏場に帽子をかぶることは大きな意味があります。ですから帽子を選ぶにあたって、紫外線と熱中症対策のできそうなものが中心になります。

麦稈真田はお勧めの素材

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/92/Strawhat_men.jpg/1200px-Strawhat_men.jpg

素材で熱中症や紫外線対策の効果の程度も異なります。熱中症対策という意味では、麦わらを使ったものがおすすめです。麦わらを見ればわかりますが、通気性に優れています。

このため、頭部に熱がこもる可能性も低いですし、蒸れ防止の効果も期待できます。しかし目が粗い分、紫外線防止の効果が弱いのではないかという不安を感じる人もいるでしょう。そのような人にお勧めの帽子の素材として、麦稈真田があります。

麦稈真田を聞いたことがないという人もいるでしょうが、麦わらの一種の素材です。この麦わらを真田紐のように編んだものを指します。しっかりと編み込まれているので、UVカットの大きな効果が期待できます。

そしてもともと麦わらを使っていますので、先ほど紹介した通気性もあります。もし通気性にこだわるのであれば、少し大きな網目のものを探すといいでしょう。

大きな網目で紫外線をしっかり防止できるのかという疑問を感じるかもしれません。もちろんきちんと防止できます。しかし長時間の日中の外出は避けるようにする、移動できるのであれば、なるべく日陰のところにいるように心がけるなど自分でできる対策も講じるといいです。

夏場にクールに帽子をかぶるには?

夏場に帽子をかぶるにあたって、クールにまとまるようなファッションセンスにもこだわりたいと思っている人もいるでしょう。

先ほど紹介した麦わらはオーソドックスで安定した人気があります。麦わらとほかのファッションを合わせるのが難しいと思っている人もいるでしょうが、アロハシャツなど夏っぽい服装とは意外と相性もいいです。

ハンチング帽やベレー帽を愛用している人もいます。ハンチングベレー帽は年代に関係なく着こなせるところが高い人気の要因です。若い人はもちろんのこと、中高年の方でも服のコーデによってはおしゃれな印象に仕上がります。

出典:https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/114/image.rakuten.co.jp/auc-elehelm-hatstore/cabinet/item/42/stc156-072.jpg

ハンチングベレー帽を見てみると、通気性に優れた素材を使った種類もあります。ハンチング帽で通気性にこだわるのであれば、サーモニットのものを探してみるといいでしょう。ベレー帽の場合夏場は、メッシュやニットのものは通気性に優れているので実際にかぶっても見た目でも涼しげな感じになるでしょう。

カジュアルな服装で外出する際には、キャスケットなどはマッチさせやすいでしょう。キャスケットを夏場にかぶるのであれば、綿麻や麦わらのものを使ってみるといいでしょう。通気性がいいうえに見た目も軽やかなので、さわやかな印象を与えるはずです。

出典:https://pds.exblog.jp/pds/1/201207/26/03/d0121303_14352183.jpg

ニット帽というと、夏場にはそぐわないというイメージを持つ人もいるでしょう。しかしニット帽の中には網目の荒いものもいくつかあります。ざっくりと編まれているものであれば、夏場でも涼しく感じられるでしょう。このように夏場にマッチする帽子の素材もいろいろと出ていますので、ファッションコーデの中に取り入れてみる人も多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする