既に新定番?リブパンツとジョガーパンツを履きこなす。

気になるけど、なかなか履きこなせない、コーディネイトが難しそうだ、という意見が多いリブパンツとジョガーパンツについて考えてみます。

スウェットパンツジョガーパンツメンズ着こなしコーデ、ニット

https://www.pinterest.jp/pin/723109283889392955/

ところでリブパンツとジョガーパンツの違いって理解していますか?
似ているけど・・・・。そうした疑問から、お勧めの商品、着こなしのアイディアを取り上げてみます。

カジュアルな印象が強いアイテムですが、昨今ではビジネス環境がカジュアル化していることもあるので、シーンをわきまえらばオンタイムでのアクセントのなると思うのです。

リブパンツとジョガーパンツ

https://wear.jp/snapitem/34584382/

ジョガーパンツというアイテムが日本で広かったのはユニクロの功績が大きいと感じています。

それまでパンツと言えば、靴の上に裾が乗っかる長さが一般的なシルエットでした。しかしユニクロは『くるぶし丈』もしくは『くるぶしを見せる』という提案を仕掛けてきました。

そこで紹介されたのがアンクル丈パンツであり、その少し前から展開するジョガーパンツという2トップです。

パンツ丈をロールアップしたり、またはカットオフすることで短くする傾向は数年前からありましたから、アンクル丈パンツという提案は、必然的に『あり』だと思います。この傾向はしばらく続くようです。

一方、リブパンツやジョガーパンツ、つまりパンツの裾がすぼまったデザインは、『パンツ丈短くなる傾向(トレンド)』とは別のベクトルからやってきたものではないかと推測しています。

ベクトルの違うトレンドですが、『パンツ丈は短めに』という同じ着地点だったことからユニクロとしては大きなうねりを仕掛けやすかったのではないか、と思われます。

勝手な分析はここで終わりるとして、商品や着こなしの前にリブパンツとジョガーパンツの違いについて知っておきましょう。

パンツの裾とシルエットの違いで区別しているようです。

リブパンツ

https://www.pinterest.jp/pin/631278072737578205/

裾は、セーターの袖口などに見られる伸縮性のある『リブ』がついています。
パンツ丈はくるぶしほどの長さ、全体的にシュッとしたシルエット。

ジョガーパンツ

Zanerobe Munk Trunk : スニーカー好きの中でもう流行っているジョガーパンツって何? - NAVER まとめ

https://www.pinterest.jp/pin/506162445597235392/

縫い込んだゴムでパンツの裾を足首辺りで絞っています。
リブパンツより余裕を感じるシルエットが多いようです。

両者ともスエットパンツやトラックパンツがデザインソースになっていると思わえますが、素材を変え、パンツ仕様に変更することで汎用性を高めました。タウンユースを主眼にしながら、適度なリラックス感が魅力です。

ビジネスシーンで

プレゼン資料や次年度の計画書作りでパワーポイントに向かっていると、意外なほど長時間のデスクワークに驚きます。

今日は社内にいる、打ち合わせも社内だけというスケジュールが立つなら、リラックスできるパンツを選びたいところです。

シワが気にならない素材が多いリブパンツやジョガーパンツが最適です。デスクワークの多い、総務・経理系の部署の方なら、より望ましいかも知れません。

ご自宅・オフタイムで

自宅ではTシャツやスエット、下はジャージという方が多いと思います。それはそれでイイのですが、ビールが切れたからコンビニとか、8時にデリバリーが来るという時に、このままの恰好では気後れするという経験があると思うのです。

リラックス感は同じでも、『キチンと感』はジャージやスエットパンツより『!』に映ると思います。行きつけのお店なら、シャツやニットを合わせればデートだって『◎』です。

お勧めリブパンツ

https://item.rakuten.co.jp/viajero1984/gta-d/

イタリアの名門パンツブランドGTA(ジーテーアー)が提案するリブパンツはビジネスシーンでも活躍してくれる逸品。

老舗でありながらトレンドを受け止める柔軟な対応が、このブランドの魅力。毎シーズン楽しみにしているファンが多いという噂も。

裾のリブ仕様以外はドレスパンツです。ウェストからヒップにかけての美しいシルエットはパンツブランドならではの仕上がりです。

MR.OLIVE(ミスターオリーブ)の「【撥水レザー】WATER PROOF SHIRINK LEATHER / CHUKKA BOOTS(ブーツ)」|ブラック

http://zozo.jp/shop/mrolive/goods/7972627/?did=21257574&rid=1019

ジャケットをまじめなネイビーにすれば、ビジネスシーンでの利用が増えるでしょう。靴はウィングチップやチャッカブーツなど重量感のあるものが似合いそうです。

スニーカーを合わてドライブデートなど、いつもと違う休日ファッションが楽しめます。

お勧めジョガーパンツ

http://nonnative.com/nn-p3540/

ドメスティックブランドの中でも早くからこうしたシルエットのパンツを提案してきたノンネイティブから『イージーパンツ』というカテゴリィのジョガーパンツ(ブランド的にはリブパンツらしい)です。

いい意味で毎シーズン、コンセプトの変わらない商材が多いのも特徴で、根強いファンが多くいます。

2019SS向けのパンツなので素材はオックスフォードですが、ハリのある素材なのでキレイ目にコーディネイトすることで真価が発揮されます。

ビジネスには不向きかも知れませんが、休日ファッションの格上げに活躍してくれます。

取り外し可能なジップが付く、[nonnative × Converse]のPro Leather。各20,000円 + 税

https://mastered.jp/feature/takayuki-fujii-nonnative-2016/

着こなしのコツは、発展形チノパンだとイメージすること、リラックス感を出し過ぎないこと、長さはくるぶし丈にすること、の3点。

ハイカットのスニーカーが似合うと思います。

ひとつだけ問題が・・・・・

ken-jiさんの「MEN ジョガーパンツ(ユニクロ)」を使ったコーディネート

https://wear.jp/kenkenpapa/5966180/

リブパンツもジョガーパンツも、ひとつ弱点があります・・・・。裾上げができません。可能かもしれませんが加工費用が相当かかるのないかと・・・・。

対策としてはブランドを問わず試着してみるしかありません。ウェストやヒップとレングスのバランスが自分にあう、シックリするものを見つけることです。

レングスは短めのほうがキレイに映ります。合わせたいス二―カーを持ちこむのもアリ。そして履いた自分に慣れることも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする