ミリタリージャケットのM65を自由に楽しみたい。

メンズファッションを考える時、ミリタリー系アイテムをさらりと着こなすことができればオシャレ度数が相当アップします。

強くて、タフなイメージのミリタリーウェアという、それだけでも女性票の獲得が可能ですが、いつものようにデニムに合わるだけでなく、インナーを変えてみるとか、パンツを代えてみいるとか・・・。

Vintage M-65 Jacket (Olive)

https://www.pinterest.jp/pin/138837600993223304/

このあたりの手法はミドルエイジの方々が得意としていて、実に自由でこなれた着こなしを見つけることが出来ます。

中でも目にするのが『M-65』と呼ばれているフィールドジャケット。このアイテムを使ったコーディネイト、お勧めブランドを取り上げてみます。

着こなす前に、知っておきたい。

No.001 M65 type Jacket Military Custom (M)|TRICK or TREAT

https://www.pinterest.jp/pin/152489137361592956/

M-65はアメリカ軍の戦闘服、野戦用のジャケットとして生まれました。そのためタフな環境に対応できる作りになっていて、素材はナイロン混紡素材、スタンドカラーにはフードは収納され、袖口はベルクロが用いられてました。

名前の由来は、1965年に正式採用されたことから。オリジナルはAlpha Industries社とRothco社製ですが、これを基本形にしたモデルが多くのブランドから出ています。

このジャケットが注目されたのは、映画『タクシードライバー』です。軍の放出品であるM-65 を来たロバート・デ・二―ロが登場します。

そのためでしょうか、この時代を生きたミドルエイジが好んで着こなし、実に様になっているのです。

オリーブグリーンが主流ですが、ネイビーやブラックまたはカモフラージュ系も人気があり、コーディネイトの幅が広がります。

古着を探すと、実際に戦場や訓練で着用したものが多く、補修されたものや、ペンキシミや焦げの跡などが見つかります。またステンシルで意味不明のプリントがあったり、ワッペンや手書きのイラストがあったり。

様々な着こなしを参考に、自分らしいポイントを見つけてください。

M-65の着こなしは、おじ様方から盗む。

M65+淡色パン クリーンに仕上げる。

Camo jackets #MensFashionSmart

https://www.pinterest.jp/pin/855543260441207061/

M-65に白パンを合わせえるというコーデは、ミリタリーのもつクセを緩和するものでしたが、少々食傷気味・・・。そこで注目されているのが、生成りに近い色を持ってくるという手です。

ベージュとも違う、薄くて淡い印象のパンツを持ってくることで、カモフラ柄のジャケットであっても上品な仕上がりにつながっています。

"Mi piace": 3,517, commenti: 32 - Alessandro Squarzi (@alessandrosquarzi) su Instagram: "A man with a bag in the middle of the road: do I cross it? I'm waiting, before a coffee!!!!....…"

https://www.pinterest.jp/pin/420875527674796002/

M-65+小物使い 個性が際立つ。

Woody Allen

https://www.pinterest.jp/pin/656821926880752411/

小物、とくに帽子を上手く使ったコーディネイトを多く見つけることができます。中でもニットキャプを合わせるものが多いのですが、この2枚は際立っています。

W・アレンは相当着込んだM‐65にコーデュロイのパンツ、帽子とヘッドフォンがイイ味わいになっています。

また下の画像ではベレー帽とのマッチングは見事!いい意味で枯れた色気に魅了されます。

上下とも共通しているのは、良く着込んだM‐65だとういうことです。だから雨の日も傘などささず、ヨレ感がでるまで着込む根性が必要です。

The Proper Way to Beret « The Sartorialist

https://www.pinterest.jp/pin/626915210603252891/

M-65+短パン 自由に着こなす。

https://www.pinterest.jp/pin/387731849156965852/

M-65は裏地ナシの1枚仕立てが多いので、シャツジャケットの感覚で使うというコーディネイトなら、短パンもありです。

ここでもデニム系のものより、ドレス感の残る短パンのほうが着こなしの工夫を感じさせれくれます。

そしてポイントは足元。ボリュームが欲しいのでハイカットモデルで調和をとりましょう。

olive drab

https://www.pinterest.jp/pin/315463148876581838/

お勧めM-65は、これだ!

Alpha Industries アルファ

https://alpha-usa.jp/shop/g/gTA1372-019-02/

M65のオリジナルモデルを基に現代風にスペックを見直ししたアルファ社の製品です。ココのブランドが提案したモデルが65年に採用されたという、いわば本家本流です。

ポリ100%なので軽い羽織りものとして重宝しそうです。

BUZZ RICKSON’S バズリクソンズ

https://item.rakuten.co.jp/qs-gate/buzz11702/

『Sugar Cane』などを展開する、アメリカンカジュアルの老舗『東洋エンタープライズ』。ココが手掛けるミリタリーブランドのバズリクソンズから オリジナルテイストのM-65が復刻されています。

当時のシルエットを再現しているので、やや野暮ったいという印象もありますが、そこも納得して着こなすこと。ベレー帽の出番です。

M.I.D.A ミダ

フィレンツェで誕生したアウターブランドですが、2018S/SからはジャパンデニムブランドResolute(リゾルト)の林芳亨氏がディレクターに就任し、高感度な製品を発表しています。

取り外し可能なダウンライナー付き、しかもポリ混ナイロン素材なので、真夏以外はシーズンレスで使える便利な一着です。あえてオレンジを選び、短パンで。

ラストはナイジェルケーボン的M-65

http://www.cabourn.jp/flagship/shopinfo/detail.php?id=567

ビンテージ衣料が注目されるようになった理由なのか、ここにきてナイジェルケーボンの製品が気になります。

彼自身が着るミリタリージャケットは、ジャングルファティーグジャケットとM65のディテールを混在させたオリジナルモデル。

クラシックな着こなしが似合いますが解釈は自由。しかも女性が着ると可愛い。守備範囲の広いミリタリーにぞっこんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする