ライダースジャケットとスニーカーは相思相愛の仲だった件。

matsuuraさんの「Schott(ショット)HOODIE SWEAT EAST HARLEM(schott)」を使ったコーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/538743174157990147/

レザージャケットは男にとって憧れです。それがライダースともなれば憧れ指数は急上昇します。

しかし少々ハードすぎるととか、特にダブル合わせになったものや、腰にベルトが付いたデザインになるとコーディネイトに悩み、ついつい敬遠しがちなアイテムです。

さらに、憧れが強い分、なんだか気恥ずかしいという『食わず嫌い』的先入観が沸き立ってくる気持ちも理解できます。

しかし手強い相手だけに、手懐けることができれば、これほど頼もしい相棒もいません。暑い季節以外使えるという汎用性もあります。

時間をかけて、ゆっくりと自分のモノに仕上げましょう。その入り口として注目したいのが『スニーカー』です。しかもローテクなスニ―カー。

この組み合わせを持っていれば、ストリートからスポーツ、ややドレス感のある着こなしまで難なくこなせますよ。

着こなしサンプルの提案と、後半ではお勧めライダースを紹介しています。

「バランスを意識したレザーコーデ」 重い印象のダブルライダースジャケットですが、パンツを細身のスラ

https://www.pinterest.jp/pin/538320961693176123/

スニーカーがあればパンツは問わない。

25820bec69adfa241c396bd07cdddbb9

https://www.pinterest.jp/pin/261771797071718418/

レザーのライダースジャケットというと、ルードなイメージが付きまといます。しかしその不良っぽさの引力は強力です。

そのエッセンスを生かしながらファッションとして成立させることが重要なポイント。ここで見て欲しいのが、前章でも記述したようなスニーカーとのコーディネイトです。

最初の画像では、デニムにフーディというアメリカンな組み合わせ。しかもウォレットチェーンなどのアクセサリ―も。

ハードなイメージを強調するなら足元はリングブーツと行きたいところですが、赤いス二―カーでほっと一息。優しいキャラクターが笑顔からもうかがえます。

ドレス系パンツとの組み合わせえでも、同じことが言えそうです。素材バランスを考えれば足元はレザーシューズ、サイドゴアやダブルモンクが似合います。休日ファッションも抜かりなし、ということになります。

しかしスニーカーを挿したことで、相手との距離感がぐっと近くなった印象を覚えます。適度な少年っぽさが好感度につながります。

そして下は『スエットもアリ。』だと、目からうろこのコーディネイト。上までジップアップするとトラックジャケットのようにハマっています。

しかもハイテク系やハイブランド系ではない、ローテクスニーカーという選択がいい着地点になっています。

Lewis Leathersのライダースジャケットを使ったTetsushi Makinoのコーディネートです。WEARはモデル・俳優・ショップスタッフなどの着こなしをチェックできるファッションコーディネートサイトです。

https://www.pinterest.jp/pin/298293175304734007/

つまりライダースジャケットはプラス要素の強いアイテムなので、他のパーツでいかに引き算をするのかという数式が成立する訳です。そのキーポイントとして足元に注目してみました。

続いては、手に入れるならこのブランド。イタリア、アメリカ、そして日本ブランドを紹介します。

お勧めライダースジャケット

イタリア発 EMMETI/エンメティ

http://zozo.jp/shop/beams/goods/31556112/?did=55203371

「EMMETI」(エンメティ)は、1975年創業のイタリア発ラグジュアリーブランド。レザーや毛皮を使ったゴージャスなアウターを提案しています。

素材選びに定評があり、レザーとファーまたレザーと異素材、それぞれ高品質な素材を組み合わせることで、エンメティにか出せないラグジュアリー感が味わえます。

アイコンモデルは シングルタイプのjuri(ユリ)ですが、ビームス別注のダブル仕様が目に留まりました。

アメリカ発 Schott/ショット

BLACK

https://www.us-onlinestore.com/shop/schott/Schott%EF%BC%8F%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%8F613UST+ONESTAR+TALL%EF%BC%8F%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB+%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9+%E3%83%AC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88/item/view/shop_product_id/12390

ショットのフラッグモデルになたる613US ONE STARのトールバージョンの紹介です。

オリジナルモデルは着丈が短めにセットされていますが、現代のニーズに応え、肩幅を細く、着丈をやや長めにすることでスタイリングの幅を広げました。

オリジナルはラモーンズやセックスピストルズに愛用されたモデルとして有名ですが、それ以前1950年代には、マーロン・ブランドが映画で着用して注目されました。ショットの歴史ともいえるモデルです。

日本発 JOHN LAWRENCE SULLIVAN
ジョンローレンスサリバン

https://online.john-lawrence-sullivan.com/collections/coat/products/riders

「JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリバン)」のブランドコンセプトは、「強さとエレガントさを持ち合わせた男性像」。デザイナー柳川荒士氏が創業した日本のファッションブランドです。

元プロボクサーという異色の経歴ですが、引退後に渡英し古着の買い付け、販売を経験スいることでモノ作りの深さを知ります。そして英国テーラードを学び、ジャケットのデザインを始めました。

現在は男女ともコレクションを発表し、なかでもレザーを使ったアイテムは大きな評価を獲得しています。

いつかはこんな感じで。でも、日本人には難しい?

https://www.pinterest.jp/pin/717901996821531226/

オールブラック、スキニーパンツにサイドゴアブーツという男くさいコーディネイトは憧れです。そのためにはしっかりとした肩と胸板が必要です。

しかし全体のバランスを考えれば、われわれ日本人にはハードルが高そうです。欧米人のアイディアを盗みながら、自身のキャラクターに刷り込ませる工夫を忘れずに。引き算の美学は日本人ならではです。

それにしてもカッコいいっす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする